探偵小説と二〇世紀精神 : ミネルヴァの梟は黄昏に飛びたつか?

笠井潔 著

ダイイングメッセージ、クローズドサークル、犯人特定の論理、読者への挑戦-。第1部では探偵小説を語る上で不可避の論点に、エラリー・クイーン初期の傑作『ギリシア棺の謎』『シャム双子の謎』などを引きながら挑む。第2部では"第三の波"とポストモダニズムの照合によって浮かび上がる、探偵小説の歴史的位相を鮮やかに解明する。法月綸太郎氏との対談も収録。話題を呼んだ『ミネルヴァの梟は黄昏に飛びたつか?』に続く鮮烈な評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-探偵小説と二〇世紀精紳
  • 1 形式体系と探偵小説的ロジック(クローズドサークルと叙述トリック
  • 探偵小説キャラクターのアイデンティティ
  • 被害者とダイイングメッセージ ほか)
  • 2 第三の波とポストモダニズム(過渡期にある第三の波
  • 透明な世界の不透明化
  • 人形の時代とポストモダニズム ほか)
  • 対談 現代本格の行方(vs.法月綸太郎)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 探偵小説と二〇世紀精神 : ミネルヴァの梟は黄昏に飛びたつか?
著作者等 笠井 潔
書名ヨミ タンテイ ショウセツ ト ニジッセイキ セイシン : ミネルヴァ ノ フクロウ ワ タソガレ ニ トビタツカ
書名別名 Tantei shosetsu to nijisseiki seishin
シリーズ名 Key library
出版元 東京創元社
刊行年月 2005.11
ページ数 267p
大きさ 20cm
ISBN 4488015190
NCID BA74713241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20938595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想