<主体>の世界遍歴 : 八千年の人類文明はどこへ行くか  2

いいだもも 著

"いま・ここ"から人類文明史の真理を開示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 2部 東西文明の交差する"主体の世界遍歴"へ(承前)(地中海世界の青銅器時代から鉄器時代への遷移
  • 古典古代ギリシア文化の原点)
  • 3部 古典古代ギリシアから始める、ギリシア神話から始まる(ギリシア神話の発祥から、ゼウスの世界三分割へ
  • 叙事詩遍歴とゼウス主神の白い世界三分割、ならびに黒いルーツのエティオピア人)
  • 4部 ポリス的動物の視覚的イマーゴ(心像)はいかにして形成されたのか?(古代的"生"を生きるギリシア的実存の"観照"
  • 共同体と"英雄"の時代における古オリエントと古典古代ギリシア ほか)
  • 5部 運命が織りなしたアテネ民主制の起源から終末まで(運命が織りなしてゆく古代ギリシア社会史の転変
  • アテネ民主主義の日常宗教生活とエーゲ海上の内外関係 ほか)
  • 6部 アテネ民主主義の衰亡は、カイロネイアの敗北で決定的となる(ポリス国家の軍事問題から疎外現象まで
  • 古典古代ギリシアの明るい闇 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <主体>の世界遍歴 : 八千年の人類文明はどこへ行くか
著作者等 いいだ もも
書名ヨミ シュタイ ノ セカイ ユリシーズ : ハッセンネン ノ ジンルイ ブンメイ ワ ドコ エ イクカ
巻冊次 2
出版元 藤原書店
刊行年月 2005.11
ページ数 p886-1786
大きさ 22cm
ISBN 4894344858
NCID BA74737068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20940886
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想