小説はどこへ行くか

ピエール・ド・ボワデッフル 著 ; 望月芳郎 訳

[目次]

  • 目次
  • はじめに
  • 第一部 小説と文学
  • 1 小説とは何か? / 13
  • 2 文学的伝統とフランス小説 / 18
  • 1 バルザックの例外 / 19
  • 2 フランス小説の《二つの流れ》 / 21
  • 3 《作中人物》の尊厳 / 26
  • 4 自然主義と人間の真実 / 27
  • 5 現実を再創造する内的観察 / 29
  • 3 合理主義の瓦解 / 31
  • 1 反合理主義運動 / 31
  • 2 モラルから解放された文学 / 34
  • 3 シュールリアリズムの貢献 / 36
  • 4 記念碑プルースト / 41
  • 5 形而上学の小説への参加 / 42
  • 6 カフカあるいは自我の消滅 / 45
  • 7 不条理のリアリズム / 49
  • 4 世界、文学の崩壊と、小説の問題 / 56
  • 1 世界の変貌から小説の変貌へ / 59
  • 2 《プロメテゥス的》文学 / 62
  • 3 文体の変貌 / 68
  • 4 創造の訴訟から文学の訴訟へ / 78
  • 5 反抗の文学 / 81
  • 6 反抗から沈黙へ / 82
  • 5 フランス小説の危機 / 86
  • 1 偉大な泉は涸れはてたか? / 88
  • 2 文学賞 / 91
  • 3 今日のフランス小説 / 102
  • 第二部 新しい世代により見られ表現されたフランス小説の伝統
  • 1 サルトルからポール・アンドレ・ルソールまで / 107
  • 1 自然主義の存続・サルトルの小説教育学 / 109
  • 2 自然主義の存続・シモーヌ・ド・ボーヴォワールの見た世界 / 122
  • 2 共産主義作家たることの難しさについてアラゴンからロジェ・ヴァイヤンへ / 136
  • 1 《共産主義的人間》と小説の曖昧さ / 136
  • 2 倫理を求めるロジェ・ヴァイヤン / 142
  • 3 反抗の体験《アンチ・ロマン》の序、カミュの《異邦人》 / 147
  • 4 反抗の体験ミシェル・レーリスからジャン・ジュネへ / 159
  • 5 シュールリアリストが馴致されると…ジュリアン・グラツクからアンドレ・ピェール・ド・マディアルグへ / 166
  • 6 新しいキリスト教小説ポール・アンドレ・ルソールとジャン・ケーロール / 172
  • 第三部 アンチ・ロマンは新しいフランス小説か?
  • 1 小説技術と世界の新しいヴィジョンクロード・シモンの例 / 193
  • 2 小説家はもはや小説を書かない小説にリードされる小説家 / 200
  • 3 《真実なる瑣事》を求めるナタリー・サロート / 205
  • 4 ミシェル・ビュトールの実験 / 211
  • 5 探求から原理へアラン・ロブグリエの宣言と作品 / 218
  • 6 サミュエル・ベケットと《文学の終末》 / 226
  • 結論にかえて-小説はどこへ行くか? / 237

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 小説はどこへ行くか
著作者等 Boisdeffre, Pierre de
望月 芳郎
ピエール・ド・ボワデッフル
書名ヨミ ショウセツ ワ ドコ エ ユクカ
書名別名 Shosetsu wa doko e yukuka
出版元 講談社
刊行年月 1963
ページ数 257p
大きさ 20cm
NCID BN01842529
BN0188100X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64013253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想