「若きゲーテ」研究

木村謹治 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 硏究序說 / 1
  • 第二章 稟性と時代思潮的背景 / 7
  • 第三章 ライプツィヒ時代(一七六五年十月-一七六八年八月) / 21
  • 一 心的構成要素の並存より矛盾への推移 / 21
  • 二 ケートヘンとの戀愛交渉 / 29
  • 三 ベーリシュとの交友 / 33
  • 四 自然への覺醒 / 35
  • 五 病患の試煉 / 37
  • 六 文學的作品に就いて / 40
  • 第四章 第二次フランクフルト時代(一七六八年八月-一七七〇年三月) / 53
  • 一 心的轉向 / 53
  • 二 宗敎思想の進展と世界觀の構成 / 55
  • 三 藝觀 / 70
  • 四 文學的作品 / 79
  • 第五章 シュトラースブルク時代(一七七〇年四月-一七七一年八月) / 93
  • 一 ゲーテの生活に對するシュトラースブルク時代の意義 / 93
  • 二 交友と生活體驗 / 103
  • A ザルツマン及びその一群の人人 / 103
  • B フリーデリケ・ブリオン / 115
  • C ヘルデル / 133
  • 三 シュトラースブルク時代に於ける宗敎思想、其他に就いて / 154
  • 四 シュトラースブルク時代の文藝觀 / 176
  • 五 シュトラースブルク時代に於ける文學的表現に就いて / 206
  • 第六章 第三次フランクフルト時代(一七七一年八月-一七七二年五月) / 225
  • 一 生活體驗と交友關係 / 225
  • 二 フランクフルト學藝評論 / 255
  • 三 第三次フランクフルト時代の文學作品 / 274
  • 第七章 ウェッツラー時代(一七七二年五月-九月) / 289
  • 一 環境と交友 / 289
  • 二 ロッテへの愛 / 301
  • 三 ウェッツラー時代に於ける文學理論とその意義 / 325
  • 第八章 最後のフランクフルト時代(一七七二年九月-一七七五年十月) / 337
  • 一 此の時代の持つ重要性に就いて / 337
  • 二 與へられた二問題 / 342
  • A 表現形式の決定 / 342
  • B 苦悶とその超克 / 354
  • 三 交友關係に就いて / 375
  • 四 リリイ・シェーネマンとの交渉 / 411
  • 五 若きゲーテの思想發展とスピノーザの哲學 / 452
  • 六 藝術論の究竟、內面形式に就いて / 469
  • 七 最後のフランクフルト時代に於ける詩的創作に就いて / 483
  • A 抒情詩 / 490
  • B ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン(Götz von Berlichingen) / 504
  • C 若さウェルテルの惱み(Die Leiden des jungen Werthers) / 541
  • D 劇詩マホメツト(Mahomet) / 599
  • E 永遠の猶太人(Der ewige Jude) / 605
  • F 劇詩プロメートイス(Prometheus) / 610
  • G ウルファウスト(Urfaust) / 622
  • 索引 / 卷末1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 「若きゲーテ」研究
著作者等 木村 謹治
書名ヨミ ワカキ ゲーテ ケンキュウ
書名別名 Wakaki gete kenkyu
出版元 弘文堂
刊行年月 1960
版表示 改訂版
ページ数 718, 17, 17p 図版
大きさ 22cm
NCID BA33673000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61007949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想