日本のゆくえと道徳教育

平塚益徳 著

[目次]

  • 目次
  • 第一編 日本のゆくえ
  • 問題意識の背後にあるもの / p2
  • 石すら叫ぶ / p2
  • 国際会館の日本人 / p3
  • 「亡国」日本 / p6
  • ありし日の日本 / p8
  • ユダヤ民族と日本民族 / p10
  • 日本の将来を約束するもの / p12
  • 日本民族に与えられたもの / p16
  • 知力 / p16
  • 技術力 / p24
  • 勇気という徳性 / p26
  • 礼儀と親切さ / p32
  • 芸術への眼 / p37
  • 生活力 / p43
  • 日本教育の過去の姿 / p45
  • 近代日本教育の出発 / p45
  • 民主的な性格 / p49
  • 高い就学率 / p52
  • 戦後日本の教育改革 / p56
  • 日本教育に欠けていたもの / p58
  • 日本教育の見失ったもの / p64
  • 日本教育の落ち込んだわな / p72
  • 外人の見た「一等国日本」 / p76
  • 近代日本の最大脆弱点 / p85
  • 日本教育の現在の姿 / p91
  • 六・三制の意義 / p91
  • 教育と社会 / p97
  • 「はきちがい」の民主主義 / p106
  • 享楽的傾向 / p112
  • 協力と指導への誤解 / p115
  • 日本教育の課題と展望 / p118
  • 科学的精神とその特性 / p118
  • 慈しみの精神とその特性 / p123
  • 民主主義的生活の意義 / p128
  • 日本のゆくえ / p131
  • 第二編 道徳教育の諸相
  • 印象に残ったヨーロッパの道徳教育 / p140
  • アメリカ教育の根底にあるもの / p183
  • 道徳と宗教 / p205
  • はじめに / p205
  • 道徳における客観と主観 / p206
  • 回心の意義 / p229
  • 信仰と理性 / p237
  • 欧米の教育における宗教と道徳 / p246
  • わが国の現状と課題 / p259

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本のゆくえと道徳教育
著作者等 平塚 益徳
書名ヨミ ニホン ノ ユクエ ト ドウトク キョウイク
書名別名 Nihon no yukue to dotoku kyoiku
出版元 福村書店
刊行年月 1959
版表示 [再版]
ページ数 264p
大きさ 19cm
NCID BN08931718
BN13410973
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59003464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想