感染防止と看護ケア

芳尾邦子 編

[目次]

  • 第1章 血流感染防止と看護ケア(中心カテーテル挿入の際に行われているマキシマル・バリア・プリコーションについて教えてください
  • 感染予防のために中心静脈カテーテルを定期的に交換していますが、本当に必要ですか?また、再挿入時の注意事項を教えてください。 ほか)
  • 第2章 尿路感染防止と看護ケア(尿路カテーテルは閉鎖式がよいといわれていますが、なぜですか?
  • 尿路カテーテルを挿入している患者に毎日陰部洗浄を行う必要はありますか? ほか)
  • 第3章 肺炎防止と看護ケア(人工呼吸器回路や周辺器具の消毒・滅菌について教えてください
  • 呼吸器回路を1週間に2回の頻度で交換していますが、1回に減らそうという意見があります。大丈夫ですか? ほか)
  • 第4章 手術部位感染防止と看護ケア(手術部位感染とはどういうものですか?また、切開創の管理はどうすればよいですか?
  • 手術野にポビドンヨードを塗布後、ハイポアルコールで着色を除去しています。消毒効果に問題はないですか? ほか)
  • 第5章 感染リスクが高い患者・感染症患者と看護ケア(移植病室の患者へのお見舞いに植物やドライフラワーをもらいます。部屋に持ち込んでも大丈夫ですか?
  • 移植患者に加熱食が出ています。いつまで続ける必要がありますか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感染防止と看護ケア
著作者等 広瀬 千也子
芳尾 邦子
廣瀬 千也子
書名ヨミ カンセン ボウシ ト カンゴ ケア
書名別名 Kansen boshi to kango kea
シリーズ名 感染管理question box / 廣瀬千也子 監修 3
出版元 中山書店
刊行年月 2005.11
ページ数 105p
大きさ 26cm
ISBN 4521601219
NCID BA74520372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20929855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想