釈尊と日蓮の女性観

植木雅俊 著

サンスクリット語で『法華経』を読み、鳩摩羅什訳の『法華経』観に疑義を呈し、その男女観に新機軸を打ち立てたあと、日蓮の多くの著作から、その"男女平等思想"を検証する意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 検証・仏教は女性差別の宗教か?(仏教は女性蔑視の宗教か?
  • 釈尊の公平な女性観
  • 『テーリーガーター』の溌剌とした女性像
  • ヒンドゥー社会の偏った女性観 ほか)
  • 第2部 男性原理・女性原理で読む日蓮(日蓮の男性観、女性観
  • 男性原理と女性原理の本迹
  • 「二求両願」に見る男性観、女性観
  • 提婆と竜女の成仏は一体 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 釈尊と日蓮の女性観
著作者等 植木 雅俊
書名ヨミ シャクソン ト ニチレン ノ ジョセイカン
書名別名 Shakuson to nichiren no joseikan
出版元 論創社
刊行年月 2005.11
ページ数 336p
大きさ 20cm
ISBN 4846003116
NCID BA74296020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20926681
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想