シュメル : 人類最古の文明

小林登志子 著

五千年前のイラクの地で、当時すでに文字やハンコ、学校、法律などを創り出していた民族がいる。それが、今までほとんどその実像が明らかにされてこなかったシュメル民族である。本書は、シュメル文明の遺物を一つ一つ紹介しながら、その歴史や文化を丹念に解説するものである。人類最古の文明にして現代社会の礎を築いた彼らの知られざる素顔とは-。多様かつ膨大な記録から、シュメルの人々の息づかいを今に伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 むかしイラクは…-メソポタミアの風土
  • 第1章 文字はシュメルに始まる-楔形文字の誕生
  • 第2章 「ウルク出土の大杯」が表す豊饒の風景-努力の賜物
  • 第3章 元祖「はんこ社会」-目で見るシュメル社会
  • 第4章 シュメル版合戦絵巻-都市国家間の戦争
  • 第5章 「母に子を戻す」-「徳政」と法の起源
  • 第6章 「真の王」サルゴン-最古の国際社会
  • 第7章 最古の文学者エンヘドゥアンナ王女-読み書きと学校
  • 第8章 紹介する神-神々の世界
  • 第9章 「バベルの塔」を修復する王-統一国家形成と滅亡
  • 終章 ペンを携帯した王-シュメル文化の継承

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シュメル : 人類最古の文明
著作者等 小林 登志子
書名ヨミ シュメル : ジンルイ サイコ ノ ブンメイ
書名別名 Shumeru
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.10
ページ数 300p
大きさ 18cm
ISBN 4121018184
NCID BA73872294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20932095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想