言語コミュニケーション障害の新しい視点と介入理論

笹沼澄子 編

[目次]

  • 1 言語コミュニケーション障害のメカニズム:言語音レベルから談話レベルまで(言語音レベルの障害
  • カテゴリー特異的意味障害
  • 動詞/名詞の選択的障害
  • 意味と語彙処理
  • 音韻機能の障害
  • 単語の読み書き障害への認知神経心理学的アプローチ
  • 語の文法とその障害-二重システム仮説と単一システム仮説の対立
  • 構文機能の障害
  • 談話レベルの処理障害
  • 原発性進行性失語
  • 言語機能の回復・修復のメカニズムと今後の展望
  • 認知心理学的アプローチによる作動記憶研究の動向)
  • 2 脳イメージング研究の現況と展望(機能的脳イメージング法
  • ことばの聞き取り、理解および生成
  • 健常成人における漢字単語・仮名単語の処理
  • 健常成人における構文処理機構)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語コミュニケーション障害の新しい視点と介入理論
著作者等 笹沼 澄子
辰巳 格
書名ヨミ ゲンゴ コミュニケーション ショウガイ ノ アタラシイ シテン ト カイニュウ リロン
書名別名 Gengo komyunikeshon shogai no atarashii shiten to kainyu riron
出版元 医学書院
刊行年月 2005.9
ページ数 339p
大きさ 26cm
ISBN 4260000721
NCID BA74240365
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20922195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想