逝きし世の面影

渡辺京二 著

「私にとって重要なのは在りし日のこの国の文明が、人間の生存をできうる限り気持のよいものにしようとする合意とそれにもとづく工夫によって成り立っていたという事実だ」近代に物された、異邦人によるあまたの文献を渉猟し、それからの日本が失ってきたものの意味を根底から問うた大冊。1999年度和辻哲郎文化賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ある文明の幻影
  • 陽気な人びと
  • 簡素とゆたかさ
  • 親和と礼節
  • 雑多と充溢
  • 労働と身体
  • 自由と身分
  • 裸体と性
  • 女の位相
  • 子どもの楽園
  • 風景とコスモス
  • 生類とコスモス
  • 信仰と祭
  • 心の垣根

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逝きし世の面影
著作者等 渡辺 京二
書名ヨミ ユキシ ヨ ノ オモカゲ
書名別名 Yukishi yo no omokage
シリーズ名 平凡社ライブラリー 552
出版元 平凡社
刊行年月 2005.9
ページ数 604p
大きさ 16cm
ISBN 4582765521
NCID BA7346919X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20928389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想