ローマ史のなかのクリスマス

保坂高殿 著

クリスマスはもともと異教の祭だった?!クリスマスの日は地域によって異なっていた?!三人の博士の訪問は何を意味しているのか?クリスマス成立にまつわる歴史的事情を史料に基づいて検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 クリスマスの起源問題(問題の所在
  • クリスマス成立の歴史的経緯
  • 帝国と教会
  • 祝祭の政治学)
  • 第2章 クリスマスとエピファニア-東西相互影響史(エピファニア(公現祭)成立の歴史的経緯
  • 詳論)
  • 終章 ロビガリア祭とリタニア祭-古代世界における祝祭の行く末

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローマ史のなかのクリスマス
著作者等 保坂 高殿
書名ヨミ ローマシ ノ ナカ ノ クリスマス
書名別名 Romashi no naka no kurisumasu
シリーズ名 異教世界とキリスト教 1
出版元 教文館
刊行年月 2005.9
ページ数 242, 53p
大きさ 20cm
ISBN 4764265877
NCID BA73719934
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21001506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想