健康格差社会

近藤克則 著

格差社会はなぜ健康に悪いのか?健康教育や介護予防はなぜうまく行かないのか?結婚はなぜ健康によいのか?健康によい社会・経済政策とは?生物・心理・社会モデルと社会疫学で解明する健康社会実現のヒントに満ちた本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 社会と心と身体と(健康格差社会-何が心と健康を蝕むのか
  • 生活習慣病対策と介護予防はなぜ難しい?)
  • 2 社会・人間関係と健康(生物・医学モデルを超えて-パラダイムとは何か
  • 上位層は健康で、底辺層は不健康!?-社会経済状態と健康
  • なぜ結婚や友達は健康によいのか-人間関係と健康)
  • 3 社会と健康をつなぐもの-心の大切さ(なぜ学歴・職業・所得(社会経済的因子)が健康に影響するのか
  • うつは心の風邪か-抑うつの重要性
  • 「病は気から」はどこまで実証されているのか-主観的健康観・心理・認知の重要性
  • ポジティブな「生き抜く力」は命を救う-ストレス対処能力)
  • 4 社会のありようと健康(人はまわりと比べて生きている-相対所得仮説
  • コミュニティの力、再発見!-ソーシャル・キャピタル
  • 介入すべきは個人か社会か-ハイリスク・ストラテジーの限界)
  • 5 社会と健康をめぐる課題(基礎科学としての社会疫学の課題
  • 「健康によい社会政策」を考えよう)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 健康格差社会
著作者等 近藤 克則
書名ヨミ ケンコウ カクサ シャカイ : ナニ ガ ココロ ト ケンコウ オ ムシバムノカ
書名別名 何が心と健康を蝕むのか

Kenko kakusa shakai
出版元 医学書院
刊行年月 2005.9
ページ数 197p
大きさ 21cm
ISBN 4260001434
NCID BA73644143
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20907355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想