美味しい料理の哲学

廣瀬純 著

「美味しい料理」をそれとして思考し新たな言葉を産み出すために、その糸口となり得るかも知れないような幾つかのアイディアを提供すること、本書が試みるのはそうしたことです。いかにして「美味しい料理」は創造されるのか、いかにして「美味しさ」は発生するのか、そのようなことを集中的に問う本書は、いわば「美味しさの論理」とでも呼ぶべきものに呼びかける本でもあります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 磔刑図と焼き鳥-"骨付き肉"とは何か
  • 第2講 料理の比較解剖学-"料理=折り紙"序説
  • 第3講 "美味しさ"と"自然"-「ヌーヴェル・キュイジーヌ」のモナドロジー
  • 第4講 「串」とその変異体-「カニバリズム」から「ピンチョス」へ
  • 第5講 "肉"、美味しい多様体-「フライドチキン」と「焼き鳥」
  • 第6講 "美味しさ"と速度-パスタシュッタのケース・スタディ
  • 第7講 甲殻動物のタイプの"骨付き肉"-セザンヌと春巻
  • 第8講 料理発生学-タコヤキとゴンブローヴィッチ
  • 第9講 料理の個体化原理-「トンカツ」から「カツ丼」へ
  • 第10講 料理の共生平面-フェラン・アドリアと料理の進化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美味しい料理の哲学
著作者等 広瀬 純
廣瀬 純
書名ヨミ オイシイ リョウリ ノ テツガク
書名別名 Oishii ryori no tetsugaku
シリーズ名 シリーズ・道徳の系譜
出版元 河出書房新社
刊行年月 2005.10
ページ数 233p
大きさ 19cm
ISBN 4309243533
NCID BA74155459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20906451
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想