近代のかげ : 現代韓国社会論

金東椿 著 ; 水野邦彦 訳

「敗戦60年」と「解放60年」-"近代の完成"と"脱近代"を模索する。植民地化と南北分断・冷戦構造のなかで、「近代」の過剰と脆弱を抱え込んだ韓国社会。その歪みを見据え、「近代性」自体をも批判的に検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国家暴力と社会契約-分断の政治社会学
  • 第2章 韓国「近代」の肖像-五〇年代韓国農村社会における家族と国家
  • 第3章 韓国の近代性と道徳の危機
  • 第4章 韓国の近代性と過剰教育熱-韓国の国家形成と学歴主義の初期的形成
  • 第5章 二〇世紀韓国の「国民」
  • 第6章 韓国の近代性と社会運動
  • 第7章 思想の展開をとおしてみた韓国「近代」の姿-自由主義・社会主義・民族主義
  • 第8章 近代、国際化、韓国の民族主義
  • 第9章 北朝鮮の民族主義
  • 第10章 八〇年代韓国の民族主義-高度産業化時代の遅ればせの民族主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代のかげ : 現代韓国社会論
著作者等 水野 邦彦
金 東椿
書名ヨミ キンダイ ノ カゲ : ゲンダイ カンコク シャカイ ロン
書名別名 Kindai no kage
出版元 青木書店
刊行年月 2005.9
ページ数 413p
大きさ 20cm
ISBN 4250205274
NCID BA73554914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20948567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想