明治前期の憲法構想

家永三郎, 松永昌三, 江村栄一 編

本書は、明治憲法制定以前に起草された憲法草案を集録した原点集であり、明治憲法制定以前に日本国民が自発的に考え出した憲法構想がどのようなものであったかを、オリジナルな資料を以て明らかにするために編集されたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 明治前期憲法諸草案の歴史的意義
  • 各論 各憲法草案の個別的解説(ジョセフ・ヒコ(浜田彦蔵)の国体
  • 津田真道の日本国総制度
  • 西周の議題草案 ほか)
  • 明治憲法制定以前の憲法草案(国体
  • 日本国総制度
  • 議題草案 ほか)
  • 附録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治前期の憲法構想
著作者等 家永 三郎
松永 昌三
江村 栄一
書名ヨミ メイジ ゼンキ ノ ケンポウ コウソウ
出版元 福村
刊行年月 2005.10
版表示 新編
ページ数 558p
大きさ 22cm
ISBN 4571310129
NCID BA7391590X
BN00950559
BN03479532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20892153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想