現代芸術の交通論 : 西洋と日本の間にさぐる

篠原資明 編著

20世紀以後の主要な芸術(芸術運動や理論を含む)が、どのようにして西洋と日本で生成してきたのか-それを考察することが本書の主眼である。考察する際の方法論には、筆者が提唱してきた「交通論」を用いる。交通論は、過剰の交通装置としての、つまり異交通装置としての芸術概念から、芸術を捉え直そうとする。本書では、目次に掲げたテーマに即しつつ、西洋と日本の間や、人間と芸術の間を交通論で読み解き、現代芸術の見方に新しい視点を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 過剰の交通装置-デュシャン"大ガラス"を手がかりに
  • 第2章 反芸術の行方
  • 第3章 感覚-未来派をめぐって
  • 第4章 笑い
  • 第5章 花と風雅モダニズム
  • 第6章 宇宙と風雅モダニズム
  • 第7章 消滅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代芸術の交通論 : 西洋と日本の間にさぐる
著作者等 篠原 資明
書名ヨミ ゲンダイ ゲイジュツ ノ コウツウロン : セイヨウ ト ニホン ノ アイダ ニ サグル
書名別名 Gendai geijutsu no kotsuron
シリーズ名 京大人気講義シリーズ
出版元 丸善
刊行年月 2005.9
ページ数 160p
大きさ 19cm
ISBN 462107671X
NCID BA73573420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20888753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想