ゴシック・リヴァイヴァル

ケネス・クラーク 著 ; 近藤存志 訳

建築のみならず、美術、文学を含む一大芸術運動として展開したゴシック・リヴァイヴァル。19世紀イギリスの文化・芸術を理解する上での必須文献、邦訳なる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ゴシックの残存
  • 第2章 文学的影響
  • 第3章 廃墟とロココ-ストロウベリ・ヒル
  • 第4章 ロマン主義と考古学
  • 第5章 教会
  • 第6章 国会議事堂
  • 第7章 ピュージン
  • 第8章 教会論
  • 第9章 ギルバート・スコット
  • 第10章 ラスキン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴシック・リヴァイヴァル
著作者等 Clark, Kenneth McKenzie
近藤 存志
Clark Kenneth
クラーク ケネス
書名ヨミ ゴシック リヴァイヴァル
書名別名 The gothic revival. (2nd ed.)
出版元 白水社
刊行年月 2005.9
ページ数 331, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4560027048
NCID BA73640765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20883668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想