世界と語るDXアマチュア無線

笠原功一 著

[目次]

  • 世界と語るDX アマチュア無線
  • 目次
  • アマチュア無線とは / 1
  • 1. 社会に科学的空気を放散すること / 5
  • 2. 國際的親善の効果 / 5
  • 3. 学術研究に対しての貢献 / 6
  • アマチュア無線局のあり方 / 9
  • アマチュア無線の團体 / 13
  • 1) 各國の團体とIARU / 13
  • 2) WAC / 14
  • 3) WAZ / 15
  • 4) DXCC / 15
  • 5) WAS / 16
  • アマチュア無線の歷史 / 17
  • 1) 世界のアマチュア無線史 / 17
  • 1‐1 はじまり / 17
  • 1‐2 ARRLの発生と仕事 / 18
  • 1‐3 大戰後1923年まで / 19
  • 1‐4 1924年(大正13年) / 21
  • 1‐5 1925年(大正14年) / 22
  • 1‐6 1926年(大正15年-昭和元年) / 24
  • 2) 日本のアマチュア無線史 / 24
  • 2‐1 そのはじまり / 24
  • 2‐2 JARL以後 / 25
  • 3) 日本アマチュア無線連盟とは / 27
  • 3‐1 その性格 / 27
  • 3‐2 登錄クラブ / 28
  • JARL登錄クラブ一覽 / 29
  • 電信符号(モールスコード) / 34
  • 略符号 / 41
  • (1) Q符号 / 41
  • (2) 簡略語 / 42
  • (3) 受信報吿符号 / 42
  • (4) 電話用の言葉 / 43
  • Q符号表 / 47
  • 簡略語表 / 49
  • 呼出符号 / 54
  • アマチュア無線局國際識別符号一覽 / 55
  • 周波数の割当て / 63
  • 通信のやり方 / 66
  • (1) 電信通信のやり方 / 66
  • (2) 電話通信のやり方 / 68
  • ログ・ブツク(Log・Book) / 70
  • 時差について / 72
  • QSLカードとその書き方 / 76
  • 各國QSL係名簿 / 88
  • 受信機 / 96
  • 1. 檢波 / 96
  • 2. 高周波增幅 / 98
  • 3. 低周波增幅 / 99
  • 4. スーパーヘテロダイン / 99
  • 5. 自動音量制御(AVC) / 100
  • 6. ビート発振器(BFO) / 101
  • 7. Sメーター(S‐Meter) / 101
  • 8. クリスタル・フィルター(Crystal Filter) / 102
  • 9. ノイズ・リミッター(Noise Limitter) / 103
  • 10. スタン・バイ・スイッチ(受信用意スイッチ) / 104
  • アマチュア受信機 / 105
  • 1. アマチュア受信機の要件 / 105
  • 2. 1-V-1受信機 / 108
  • 3. 簡單なコンバーター / 110
  • 受信空中線 / 113
  • 測定器 / 120
  • 1. 回路試驗器(テスター) / 120
  • 2. 試驗発振器(周波計兼用)とその較正 / 124
  • 1) JJYの放送 / 127
  • 2) 放送協会の短波放送 / 127
  • 3) 中波放送局電波の利用 / 128
  • 4) 一般の短波放送 / 129
  • 3. 発振檢知裝置 / 130
  • 4. 測定器の必要さについて / 131
  • 送信機 / 133
  • 1. 槪說 / 133
  • 2. 振動電流の発生 / 134
  • 3. 周波数の正確さと安定 / 137
  • 4. 水晶発振子 / 139
  • 5. 周波数逓倍 / 142
  • 6. 電力增幅 / 142
  • 7. 電鍵操作 / 144
  • 8. 変調 / 144
  • 9. 安全について / 148
  • 結言 / 150

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界と語るDXアマチュア無線
著作者等 笠原 功一
書名ヨミ セカイ ト カタル DX アマチュア ムセン
シリーズ名 電波科学叢書 ; 7
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 昭和24
ページ数 150p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
45013667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想