エドマンド・ウィルソン批評集  2(文学)

エドマンド・ウィルソン 著 ; 中村紘一, 佐々木徹, 若島正 共訳

ジェイムズの"曖昧性"、ディケンズの"傷"。死の床に至るまでペンを手放さなかった不撓不屈のジャーナリスト、ウィルソンによる豊穣なる世界文学への誘い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 存在しない批評家
  • ヘンリー・ジェイムズの曖昧性
  • プーシキン礼賛
  • フローベールの政治観
  • ディケンズ-二人のスクルージ
  • 文学の歴史的解釈
  • 書誌ができて思うこと
  • 探偵小説なんかなぜ読むのだろう?
  • カフカについての異議申し立て
  • おお、あの恐ろしい鬼たちよ!
  • プーシキンとナボコフの奇妙な事例
  • トルストイについての覚書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エドマンド・ウィルソン批評集
著作者等 Wilson, Edmund
中村 紘一
佐々木 徹
若島 正
ウィルソン エドマンド
書名ヨミ エドマンド ウィルソン ヒヒョウシュウ
巻冊次 2(文学)
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.9
ページ数 336p
大きさ 20cm
ISBN 462207141X
NCID BA73460140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20880324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想