日本映画はアメリカでどう観られてきたか

北野圭介 著

一九五二年にアメリカで公開された『羅生門』は衝撃をもって迎えられたが、その評価の内実は意外と知られていない。黒沢明から溝口健二、小津安二郎、大島渚、伊丹十三、宮崎駿まで、戦後の日本映画がアメリカで「いかに受容されたか」を豊富な資料を基に分析する。映画を通して浮かびあがる、異色の「戦後日米文化交流史」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「日本映画」の登場(事件としての『羅生門』
  • 安定していく日本映画の「居場所」)
  • 第2章 黒沢、溝口と作家主義批評(偉大なる「日本映画」
  • 映画研究の誕生と日本映画
  • 近代化論のなかの日本、そして日本映画)
  • 第3章 西洋を揺るがす日本(大島渚という騒乱
  • 小津安二郎はいかに愛されたか)
  • 第4章 似たもの同士?異国の神秘?(伊丹十三のスノビズム
  • 羨望と不安のまなざし
  • 日本アニメの嵐)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本映画はアメリカでどう観られてきたか
著作者等 北野 圭介
書名ヨミ ニホン エイガ ワ アメリカ デ ドウ ミラレテキタカ
書名別名 Nihon eiga wa amerika de do miraretekitaka
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2005.8
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 4582852858
NCID BA73107392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20876358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想