食べることの心理学 : 食べる,食べない,好き,嫌い

今田純雄 編

食行動の生物的・生理的基礎から味嗅覚の心理、食行動の学習・発達、家族・社会の問題、食行動の病理までをやさしく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心理学から見た食-領域の広がりと内容
  • 第1部 食行動科学の基礎(どうして食べる?食べたらどうなる?-食べることの生物的・生理的基礎
  • おいしいものが食べたい!-味覚とあじの評価
  • 好き・嫌いはどうして生まれる?-食物好悪と学習
  • ニオイの不思議-嗅覚心理
  • 成長とともに変わる食-食べることの発達)
  • 第2部 食行動科学の発展・応用(変わる家族の食卓-社会の変化と家族の食
  • 飽食から"崩"食へ-食べることと社会・文化)
  • 第3部 食行動の健康・病理(やせたい、だから食べない-ダイエットと肥満の心理
  • 食べることへのとらわれ-摂食障害のとらえ方
  • 食べることとどうつき合うか-摂食障害とともに)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食べることの心理学 : 食べる,食べない,好き,嫌い
著作者等 今田 純雄
書名ヨミ タベル コト ノ シンリガク : タベル タベナイ スキ キライ
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.8
ページ数 248p
大きさ 19cm
ISBN 4641281009
NCID BA73220828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20867620
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想