石川啄木の世界

小田切秀雄 著

[目次]

  • 目次
  • この本のこと / 3
  • 序章 石川啄木の魅力について / 11
  • 啄木がここにいる / 11
  • 現代文学の古典 / 16
  • 近代文学と近代短歌への導入部 / 18
  • 芸術的な完成度の問題 / 25
  • 思考と思想における啄木的なもの / 34
  • 日記・書簡の意義 / 37
  • I 啄木の登場 / 42
  • 少年啄木とその友人たち / 42
  • 地方の文学的熱気 / 47
  • 思想家啄木へ / 52
  • II 短歌-なぜ、すぐれているのか / 57
  • 初期の短歌と中絶の経過 / 57
  • ふたたび歌を / 65
  • 啄木の短歌と短歌観の独自な深さ / 75
  • III 詩-転形期の詩 / 87
  • 『あこがれ』での登場、その評価 / 87
  • 現代詩の星座へ-『はてしなき議論の後』- / 95
  • IV 小説-その再評価のために / 108
  • 小説での達成 / 108
  • 主な作品の特色 / 115
  • V 文芸評論・感想-そのおもしろさと現代性 / 125
  • 多様なスタイル / 125
  • 『ワグネルの思想』から反権威の思想へ / 131
  • 日本の現実へのはげしい批判的追及 / 135
  • 自然主義への内部からの批判 / 141
  • 『時代閉塞の現状』 / 150
  • 大逆事件と文学者啄木 / 157
  • VI 日記-したしさ、痛切さ、極限までの試み / 165
  • 代表的な実例二、三 / 165
  • 日記の文学的意義 / 170
  • 正岡子規らの日記とくらべて / 174
  • ういういしい時期 / 177
  • 密度の濃い日記へ / 182
  • 「ローマ字日記」という傑作 / 188
  • 常識人的啄木論の問題 / 197
  • VII 書簡-日本の手紙文学を代表する / 202
  • 夏目漱石の手紙とくらべて / 202
  • 手紙の深さ / 207
  • 啄木の明暗 / 212
  • VIII 記者として書いたもの、およびノート類 / 220
  • ジャーナリストとしての見識と筆力 / 220
  • IX 啄木研究の歴史について / 225
  • 友人や近親の回想 / 225
  • 代表的な啄木論 / 233
  • X 啄木の生涯-年譜的に / 238

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 石川啄木の世界
著作者等 小田切 秀雄
書名ヨミ イシカワ タクボク ノ セカイ
書名別名 Ishikawa takuboku no sekai
シリーズ名 潮新書
出版元 潮出版社
刊行年月 1968
ページ数 259p
大きさ 18cm
NCID BN11695566
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68012846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想