電子メディアを飼いならす : 異文化を橋渡すフィールド研究の視座

飯田卓, 原知章 編

[目次]

  • プロローグ 電子メディアを飼いならす
  • 1 テレビ制作の現場を知る
  • 2 テレビ視聴を再考する
  • 3 メディア活用の現場を知る
  • 4 新たなコミュニケーションを構想する
  • エピローグ 再帰的な人類学的実践としてのメディア研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電子メディアを飼いならす : 異文化を橋渡すフィールド研究の視座
著作者等 南 真木人
原 知章
吉岡 政徳
増田 研
大村 敬一
大森 康宏
大西 秀之
山中 速人
岡田 浩樹
川村 清志
川田 牧人
松田 凡
湖中 真哉
赤嶺 淳
門田 修
飯田 卓
書名ヨミ デンシ メディア オ カイナラス : イブンカ オ ハシワタス フィールド ケンキュウ ノ シザ
出版元 せりか書房
刊行年月 2005.9
ページ数 277p
大きさ 21cm
ISBN 4796702660
NCID BA73499565
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20863586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「伝統文化」のリアリティとメディア : 岐阜県高山市、高山祭の事例から 岡田 浩樹
ある成人儀礼のドラマ化 : 「現地の案内人」から「表象の橋渡し」へ 増田 研
テレビCMにおけるハワイの文化表象の展開 : 日本におけるハワイ・イメージの形成と変容の一側面 山中 速人
テレビ・ドキュメンタリーの制作現場から 門田 修
テレビ番組における人類学的知識の流用 : 北方少数民族の呼称をめぐって 大西 秀之
ハワイのオキナワン・コミュニティと電子メディア 原 知章
バラエティ番組における未開の演出 吉岡 政徳
メディアのなかの民俗 : アマメハギにみる相互交渉の場としてのメディア 川村 清志
再帰的な人類学的実践としてのメディア研究 原 知章
学界の論争とマスメディア 飯田 卓
引用のマトリクス : 新たな民族誌システムを目指して 大村 敬一
文化を撮る : カメラが伝えるものと伝えないもの 大森 康宏
映像視聴の体験化 : 大学講義の現場から 赤嶺 淳, 飯田 卓, 松田 凡
民族誌における対話の可能性 飯田 卓
民族誌の未来形へ向けての実験 : オンライン民族誌の実践から 湖中 真哉
海外情報型クイズ番組と人類学 : 『世界ウルルン滞在記』を事例として 南 真木人
聞くことによる参加 川田 牧人
電子メディアとインタラクティヴィティ 原 知章
電子メディアの盛栄と民族誌の受難 湖中 真哉
電子メディアを飼いならす 飯田 卓
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想