労働刑法と警察権

忽那寛 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 第一章 労働法と警察権 / p1
  • 第二章 労働刑法と警察権 / p9
  • 一 いわゆる特別司法警察職員の扱う事項 / p11
  • 二 労働委員会の請求をまつて論ずべき事件 / p13
  • 三 不当労働行為 / p16
  • 四 右以外の労働法規違反の事件 / p23
  • 第三章 争議行為の違法性の問題と警察権-争議行為の限界と警察権- / p25
  • 第一 争議行為の意義 / p25
  • 第二 争議行為の種類 / p30
  • 一 労働者側によつてなされるもの / p30
  • 二 使用者側によつてなされるもの / p31
  • 第三 争議行為の限界 / p32
  • 第四章 爭義行為に関する違法性判定の具体的標準 / p48
  • 第一 主体に関する標準 / p48
  • 一 一般労働組合(私企業労組)の場合 / p48
  • 二 国家公務員の場合 / p58
  • 三 地方公務員の場合 / p61
  • 四 公共企業体等の場合 / p62
  • 五 地方公営企業の場合 / p67
  • 六 公益事業の場合 / p70
  • 第二 目的に関する標準 / p79
  • 一 政治スト / p82
  • 二 同情スト / p86
  • 三 加害スト / p88
  • 第三 手段方法に関する標準 / p88
  • 一 手段、方法について法に明文の存する場合 / p89
  • 二 手段、方法について法に明文のない場合 / p94
  • 第五章 労働刑法事件に対する警察権の発動 / p129

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 労働刑法と警察権
著作者等 忽那 寛
書名ヨミ ロウドウ ケイホウ ト ケイサツケン
書名別名 Rodo keiho to keisatsuken
出版元 立花書房
刊行年月 1956 12版
版表示 3訂版
ページ数 142p
大きさ 19cm
NCID BA91850963
BN15563818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57010330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想