ラブレーの子供たち

四方田犬彦 著

ロラン・バルト、小津安二郎、開高健…。あの人たちと同じものを食べてみよう。そして彼らがどんな人であったかを、あなたに語ろう。-舌と脳と胃袋で考える、食をめぐる実践的文化試論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ロラン・バルトの天ぷら
  • 武満徹の松茸となめこのパスタ
  • ラフカディオ・ハーンのクレオール料理
  • イタリア未来派のお国尽しディナー
  • 立原正秋の韓国風山菜
  • アンディ・ウォーホルのキャンベルスープ
  • 明治天皇の大昼食
  • ギュンター・グラスの鰻料理
  • 谷崎潤一郎の柿の葉鮨
  • ジョージア・オキーフの菜園料理〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラブレーの子供たち
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ ラブレー ノ コドモタチ
書名別名 Les enfants de Rabelais

Rabure no kodomotachi
出版元 新潮社
刊行年月 2005.8
ページ数 223p
大きさ 20cm
ISBN 410367105X
NCID BA73691915
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20858873
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想