立山曼荼羅

福江充 著

地獄と浄土が一度に体験できる、「人間救済空間・立山」。その信仰の世界観とは-。先人たちが培ってきた様々な思想・宗教が凝集された立山曼荼羅を読み解き、立山の信仰世界を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 加賀藩立山衆徒の勧進布教活動と立山曼荼羅
  • 第2章 立山開山縁起
  • 第3章 立山地獄
  • 第4章 立山浄土
  • 第5章 立山禅定登山案内
  • 第6章 芦峅寺の祭礼
  • 第7章 画中に描かれた名勝
  • 第8章 立山曼荼羅の用語と形態・素材・制作
  • 第9章 立山曼荼羅の成立過程
  • 第10章 近代の立山曼荼羅
  • 第11章 立山曼荼羅ゆかりの人物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 立山曼荼羅
著作者等 福江 充
書名ヨミ タテヤマ マンダラ : エトキ ト シンコウ ノ セカイ
書名別名 絵解きと信仰の世界

Tateyama mandara
出版元 法蔵館
刊行年月 2005.7
ページ数 212p
大きさ 20cm
ISBN 483187440X
NCID BA72827385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20868567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想