詩は生きている

福間健二 著

「批評の前にちゃんと鑑賞をやる」。この素朴なモットーを自らに課した著者。彼は作品をどう読んだのか。詩人の思考経路をあらわにした随筆的詩論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • まず一歩出ること
  • ここからは何も見えないが
  • それだけのこと
  • 年貢の納めどき
  • 不自由さの実験
  • ウェールズで感じたこと
  • ひとつのめぐりの輪
  • 生死の瀬戸際から
  • エクリチュールの夢
  • ヌーヴェル・ヴァーグの詩
  • 二十一世紀は詩をもっと…
  • 最後の砂をめぐって
  • 長く歩いたあとに
  • 倒れながら、けれども倒れずに
  • そして、いつも何かが欠けている
  • どうか夢見て、生きて。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩は生きている
著作者等 福間 健二
書名ヨミ シ ワ イキテイル
書名別名 Shi wa ikiteiru
シリーズ名 五柳叢書
出版元 五柳書院
刊行年月 2005.6
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 4901646079
NCID BA73452652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20851504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想