自動車が危ない

塚本潔 著

次々と明らかになった三菱自動車の社撰な品質管理の現状。だが、果たしてこれは三菱だけに限られた問題なのか?他メーカーの品質は万全なのだろうか?容赦ないコスト削減で疲弊し、揺らぐ製造現場。急速な電子化で複雑化する一方のトラブル。その結果、世界規模で急増し続けるリコール-。メカニカルな問題から先進技術の開発思想まで。自動車を取り巻く危うい現状を、技術者への取材をもとに徹底検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自動車が危ない!(発覚した隠蔽工作
  • 炎上は三菱製だけなのか? ほか)
  • 第2章 揺らぐ現場(日本語が通じない
  • 世代交代で途切れるノウハウ ほか)
  • 第3章 電子化が誘発するトラブル(パソコン化するクルマ
  • 品質のカギを握る制御用ソフト ほか)
  • 第4章 国家プロジェクトが生んだ先進技術(商品化される先進技術
  • 官民学一体のASVプロジェクト ほか)
  • 第5章 信頼性という幻想(技術への過信が事故を招く
  • 反映されない開発者の意図
  • 「一〇〇パーセントの信頼性」は幻想に過ぎない
  • クルマがドライバーを監視する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自動車が危ない
著作者等 塚本 潔
書名ヨミ ジドウシャ ガ アブナイ
書名別名 Jidosha ga abunai
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2005.8
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 4106101319
NCID BA73017121
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20849687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想