大正デモクラシーと大山郁夫

藤原保信 著 ; 荻原隆, 梅森直之 編

「民衆の時代」を先取した日本政治思想との対話。大山郁夫をはじめとする民本主義の思想と実践の解明を通して、政治的自由と市民的自由との統一を日本的文脈の中で探求。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 大山郁夫と大正デモクラシー-思想史的考察(政治的デモクラシー-政治的機会均等主義
  • 社会改造の根本精神-民衆文化主義
  • 科学としての政治学
  • 無産政党への道-無産階級倫理の基調
  • 結語にかえて-大山郁夫の遺産)
  • 第2部 民本主義の思想史的位置-大山郁夫とその周辺(理想主義と教育-明治三〇年代浮田和民の政治思想
  • 日本の民主化と大正デモクラシー-吉野作造・大山郁夫によせて
  • 大山郁夫-民本主義からマルクス主義へ
  • デモクラシーから改造へ-「大山郁夫著作集」第三巻解題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大正デモクラシーと大山郁夫
著作者等 梅森 直之
荻原 隆
藤原 保信
書名ヨミ タイショウ デモクラシー ト オオヤマ イクオ
書名別名 Taisho demokurashi to ooyama ikuo
シリーズ名 藤原保信著作集 / 藤原保信 著 第6巻
出版元 新評論
刊行年月 2005.8
ページ数 393, 11p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 479480671X
NCID BA73024750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20844206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想