いのちの恵み : 移殖外科医ロイ・カーン自伝

ロイ・カーン 著 ; 落合武徳 監修 ; 鈴木龍志 訳

本書はカーン先生が若い時から当時不可能と思われていた拒絶反応抑制というテーマに取り組んで、成功した物語です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • できるわけがない
  • ウクレレとグルカ族と聖母マリア像
  • 巨人の肩の上で
  • 未知の領域へ
  • 新たな地平
  • 他人からの臓器
  • ケンブリッジ・コネクション
  • ルビコン川を渡る
  • 新薬を求めて
  • マスコミの狂騒
  • 英国で、そして外国で
  • 外科と芸術
  • 功績と課題
  • 将来を見つめて
  • 主な臓器移植について
  • 用語集
  • 臓器移植の歴史における主な出来事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちの恵み : 移殖外科医ロイ・カーン自伝
著作者等 Calne, Roy Yorke
落合 武徳
鈴木 竜志
鈴木 龍志
書名ヨミ イノチ ノ メグミ : イショク ゲカイ ロイ カーン ジデン
書名別名 The ultimate gift
出版元 へるす
刊行年月 2004.10
ページ数 24, 197p
大きさ 26cm
ISBN 489269486X
NCID BB06512436
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20845320
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想