展望日本歴史  17

久留島 浩;奥村 弘【編】

近代から近代へ。数え切れない問題領域と膨大な研究蓄積がある。本巻では「世直し状況」論の展開と批判、幕末維新期の政治過程、近代天皇制国家、民衆運動と地域社会等を論じた17論稿を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「世直し状況」論の展開と批判(幕藩制崩壊期における武州世直し一揆の歴史的意義
  • 日本近世におけるプロレタリア的要素について ほか)
  • 第2章 幕末・維新期の政治過程(幕末維新期の軍事と徴兵
  • 明治維新と後進国型変革-一九六八年の政府と国家 ほか)
  • 第3章 近代天皇制国家をめぐる相克(神道国教制の形成-宣教使と天皇教権
  • 明治維新と大嘗祭 ほか)
  • 第4章 民衆運動と地域社会(地域支配と部落問題
  • 直轄県における組合村-惣代庄屋制について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 展望日本歴史
著作者等 久留島 浩
奥村 弘
書名ヨミ テンボウ ニホン レキシ
書名別名 近世から近代へ

Tenbo nihon rekishi
巻冊次 17
出版元 東京堂
刊行年月 2005.7
ページ数 430p
大きさ 23cm
付随資料 8p.
ISBN 4490305672
NCID BA72731016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20838905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想