図解ヒートポンプ : 地球温暖化防止とヒートポンプ・蓄熱技術

田中俊六 監修 ; 矢田部隆志 編著

空気の熱などの未利用エネルギーを熱源にする「ヒートポンプ」の飛躍的なCOP向上と利用可能な分野の広がりは、従来のエネルギー構造に変革をもたらす可能性が極めて大きいものと思われます。ヒートポンプは、必要な時に必要な熱エネルギーを自在にくみ上げることができるほか、蓄熱槽と組み合わせると、あらかじめ必要とされる熱エネルギーを蓄えることで効率のよい運転ができます。例えば、将来、住宅の省エネルギーがいっそう進むと、わずかな消費電力で住宅1軒の全館冷暖房が可能になるかもしれません。また、時間をかけてお湯を沸かすヒートポンプ給湯機も瞬間湯沸しが可能になるかもしれません。お風呂の残り湯の熱エネルギーを、給湯や暖房にヒートポンプでリサイクルすることも行われ、さらに、冷房排熱を利用した暖房・給湯システムなど高機能化も進むでしょう。京都議定書の目標を達成するために2010年にヒートポンプ給湯機520万台、高効率空調機12000台普及させることは決して大げさな目標値ではありません。なぜなら、すでに技術は確立しているのです。要はヒートポンプを積極的に採用するよう国、企業、国民が努力することなのです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヒートポンプとは?
  • 地球温暖化とヒートポンプ
  • 都市と地球の環境にやさしいヒートポンプ
  • 住宅で使われるヒートポンプ
  • ビル・店舗で使われるヒートポンプ
  • 都市再開発・工場で使われるヒートポンプ
  • ヒートポンプの原理
  • ヒートポンプの種類と特徴
  • 冷媒の種類と環境性
  • 蓄熱システム
  • こんなにあるさまざまなヒートポンプ
  • ヒートポンプを取り巻く社会環境

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図解ヒートポンプ : 地球温暖化防止とヒートポンプ・蓄熱技術
著作者等 田中 俊六
矢田部 隆志
書名ヨミ ズカイ ヒート ポンプ : チキュウ オンダンカ ボウシ ト ヒート ポンプ チクネツ ギジュツ
出版元 オーム社
刊行年月 2005.7
ページ数 190p
大きさ 21cm
ISBN 427450039X
NCID BA72761301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20830067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想