柳宗悦と民藝の現在

松井健 著

ダンディで美食家、旅先での人やものとの出会いをこよなく愛した柳宗悦。その等身大の生活と思考の現場から、生とテキストの緊張関係を解明。美と宗教哲学の思索のユニークな統一である「民芸」の意味を、大胆に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 柳宗悦と民芸-問題のありか-プロローグ(今日的視点
  • 本書の問題意識)
  • 柳宗悦という人(柳宗悦の形成
  • 民芸の発見
  • テキストの民芸
  • 「民芸」の呪縛とそこからの離脱)
  • 民芸の諸相(民芸の条件
  • 出会いの現場
  • 民芸の「理論」)
  • 二人の柳宗悦-生とテキスト(生とテキスト
  • 直観 ほか)
  • 今なぜ柳宗悦と民芸なのか-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳宗悦と民藝の現在
著作者等 松井 健
書名ヨミ ヤナギ ムネヨシ ト ミンゲイ ノ ゲンザイ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 196
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2005.8
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 4642055967
NCID BA72695819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20826823
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想