宗教と文学

佐古純一郎 著

[目次]

  • 目次
  • I 出会いとしての芸術 / 5
  • II 宗教と文学 / 23
  • 1 人間凝視としての文学 / 25
  • 2 業苦の文学 / 37
  • 3 死をみつめる文学 / 49
  • 4 罪の現実 / 61
  • 5 Fatalなものとの戦い / 73
  • 6 何処へ / 85
  • 7 旅人としての実存 / 97
  • 8 人間恐怖 / 109
  • 9 地の塩としての文学 / 121
  • 10 対話の文学 / 133
  • 11 鎮魂の文学 / 145
  • III 宗教と文学をめぐって / 157
  • 1 植村正久と内村鑑三の文学観 / 159
  • 2 日記から見た内村鑑三論 / 175
  • 3 高倉徳太郎と自我の問題 / 191
  • 4 夏目漱石とキリスト教 / 205
  • 5 啄木がのこしたもの / 223
  • 6 芥川竜之介の『神神の微笑』と遠藤周作の『沈黙』 / 239
  • 7 遠藤周作の『沈黙』について / 255
  • 8 『沈黙』について / 269
  • 9 戦後文学の宗教的状況 / 279
  • 10 現代の文学とニヒリズム / 297
  • IV 椎名麟三の人と文学 / 311
  • あとがき / 343

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 宗教と文学
著作者等 佐古 純一郎
書名ヨミ シュウキョウ ト ブンガク
書名別名 Shukyo to bungaku
シリーズ名 桂芸術選書
出版元 桂書房
刊行年月 1968
ページ数 342p
大きさ 19cm
NCID BN09522780
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68003815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想