五感で味わうフランス文学

野崎歓 著

時にむせるような芳香に包まれ、時に豊穣な海の幸に官能を刺激され、また時に失われたピアノの音に心奪われる。エロスの波に溺れるかと思えば、死の冷たさにおののく…。フランス文学で味わう人生のすべて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 本の匂い、本の味わい(薔薇色の部屋-コレット『シェリ』
  • いい匂いのする小説-ランブール『ヴァニラの木』 ほか)
  • 2 小説の音楽(古い土地の唄-ネルヴァル『シルヴィ』
  • 失われた音楽-アラン=フルニエ『グラン・モーヌ』 ほか)
  • 3 愛とエロスの読書(翻訳の快楽-掘口大学訳『グールモン詩集』
  • フランス文学を糾弾する-クンデラ『生は彼方に』に ほか)
  • 4 暴力と死の書物(その男、凶暴につき-ロートレアモン伯爵『マルドロールの歌』
  • 有毒な物語-ギベール『楽園』 ほか)
  • 5 究極の一冊(嵐の中で-ネミロフスキー『フランス組曲』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 五感で味わうフランス文学
著作者等 野崎 歓
書名ヨミ ゴカン デ アジワウ フランス ブンガク
書名別名 Gokan de ajiwau furansu bungaku
出版元 白水社
刊行年月 2005.7
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 4560027242
NCID BA72776670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20821673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想