二十世紀の平和論者水野広徳海軍大佐 : 日米戦争を明治から憂えた男

曽我部泰三郎 著

太平洋戦争は水野広徳海軍大佐の予測通りだった!ベストセラー日ロ戦記「此一戦」を生み出した気骨の軍人作家の波瀾の生涯を描く感動の歴史人物伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 逆境の山河(広徳の生い立ち
  • 小学校へ ほか)
  • 第2部 江田島の青春(海軍へ
  • 海軍兵学校受験 ほか)
  • 第3部 運命の海戦(日ロ戦争へ
  • 旅順港の夜襲と緒戦 ほか)
  • 第4部 戦争と平和(軍令部勤務
  • 舞鶴水雷艇隊第二十艇隊司令へ ほか)
  • 第5部 反骨の生涯(海軍を去る
  • 人生の再出発 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二十世紀の平和論者水野広徳海軍大佐 : 日米戦争を明治から憂えた男
著作者等 曽我部 泰三郎
書名ヨミ ニジッセイキ ノ ヘイワ ロンジャ ミズノ ヒロノリ カイグン タイサ : ニチベイ センソウ オ メイジ カラ ウレエタ オトコ
出版元 元就出版社
刊行年月 2004.11
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 4861060184
NCID BA7079481X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20819467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想