鉄道営業法改正をめぐる諸問題

国鉄労組法律センター 編 ; 大野正男 監修

[目次]

  • 目次
  • 第一、 鉄道営業法一般
  • 一、 鉄道営業法の立法趣旨(議事録抜萃) / 1
  • 二、 鉄道営業法について(関係法規および判例を含む) 法律センター幹事弁護士 六川常夫 / 3
  • 三、 鉄道営業法の処罰規定をめぐる最近の判決例 法律センター嘱託 古西信夫 / 11
  • 四、 ILO八七号条約批准-国内法改定をめぐる最近の状勢 国鉄労組中執 酒井一三 / 20
  • 五、 衆院運輸委での改定作業(34・11・19) 運輸委専門員 志鎌一之 / 23
  • 六、 鉄道営業法改定案について(対比と解説) / 28
  • 七、 刑事弾圧の実例(東三条踏切事件) / 57
  • 第二、 臨時鉄道法制調査会の審議状況
  • 一、 第一回臨時鉄道法制調査会議事録抜萃(昭和三十八年五月二十九日)運輸省鉄道監督局 / 61
  • 二、 鉄道係員及び罰則についての問題点資料(昭和三十九年六月)運輸省鉄道監督局 / 72
  • 三、 第十五回臨時鉄道法制調査会議事録(昭和三十九年七月八日)運輸省鉄道監督局 / 80
  • 四、 臨時鉄道法制調査会第一読会(第五回~第十五回)において討議された問題点に関する意見の要約(昭和三十九年八月)運輸省鉄道監督局 / 127
  • 五、 鉄道営業法の一部を改正する法律案新旧対照表 / 140
  • 六、 日本国有鉄道関係鉄道営業法違反処置状況(昭和三十八年度) / 142
  • 第三、 ILO一〇五号(強制労働の廃止)条約関係
  • 一、 労働争議に刑罰を科しうるか 法律センター常任弁護士 大野正男 / 145
  • 二、 ILOと争議権 早大助教授 中山和久 / 151
  • 三、 ILO一〇五号条約について(条約全文・制定の背景その他) / 157
  • 四、 強制労働に関するILOの条約・勧告適用専門家委員会の報告(一九六二年)抜すい総評スト権奪還特別対策委員会 / 177

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鉄道営業法改正をめぐる諸問題
著作者等 国鉄労働組合
大野 正男
国鉄労組法律センター
書名ヨミ テツドウ エイギョウホウ カイセイ オ メグル ショモンダイ
書名別名 Tetsudo eigyoho kaisei o meguru shomondai
シリーズ名 資料 ; 23
出版元 国鉄労組法律センター
刊行年月 1964.10
ページ数 211p
大きさ 25cm
全国書誌番号
20673886
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想