ドイツ海運の発展と海運政策 : 在ハンブルグ総領事館

[目次]

  • 目次
  • 序 / 1
  • 第一章 ドイツ商船隊の発展 / 1
  • 第一節 ドイツ海運の規模及び能力 / 1
  • 第二節 再建計画 / 4
  • 第三節 ドイツ商船隊の輸送実績 / 7
  • 第四節 附表 / 9
  • 第二章 船舶建造資金調達に対する政府の助成(第2次大戦後) / 11
  • 第一節 純然たる国家資金の融資 / 12
  • (1) 手形ベースによる予備的資金調達 / 12
  • (2) 再建融資 / 13
  • (3) ERP見返資金の融資 / 22
  • 第二節 国家助成を受けた民間資金 / 23
  • (1) 所得税法第7条d項2号の意味における無利子融資及び贈与による資金調達 / 23
  • (イ) 1951年以前の規定 / 24
  • (ロ) 1951年以後の規定 / 27
  • (2) 国家資金または国家助成を伴つた資金による資金調達の発展 / 30
  • (イ) 経済的ないし海運政策的効果(1951年まで) / 30
  • (ロ) 同(1951年以降) / 38
  • 第三節 海運企業の自己金融 / 42
  • (1) 政府措置の概要 / 42
  • (2) 特別償却制度による自己金融の優遇 / 43
  • (イ) 所得税法第7条による減耗償却 / 43
  • (ロ) 所得税法第7条a項による特別償却 / 45
  • (ハ) 所得税法第7条b項による特別償却 / 48
  • (ニ) 所得税法第7条a項による評価の自由と同7条d項による評価の自由との関係について / 51
  • (3) 再建融資の特恵利率並びに特別な利払及び償還の条件を通じての自己金融の優遇 / 52
  • (4) 減価償却の自己金融的性格 / 54
  • 第四節 現行の国家助成 / 57
  • (1) 概要 / 57
  • (2) 利子補給措置要綱 / 59
  • 第三章 海運業の民間金融 / 61
  • 第一節 自己金融(参加金融) / 61
  • 第二節 資本市場からの民間金融 / 66
  • (1) 新株の発行 / 66
  • (2) 社債の募集 / 67
  • (3) 州立銀行及び抵当銀行からの借入 / 67
  • (イ) 船舶抵当銀行の法的基礎 / 67
  • (ロ) 船舶抵当銀行の業務方法の図解 / 73
  • 第三節 民間金融の発展とその技術 / 73
  • (1) 1957年における抵当の動き / 73
  • (2) 船舶金融の抵当貸付に関する諸原則 / 76
  • (イ) 船舶信用の不動産信用的性格 / 77
  • (a) 収益性 / 77
  • (b) 建造価格 / 78
  • (c) 流通価値 / 79
  • (d) 保険価格 / 80
  • (ロ) 保険価格船舶信用の個人信用的性格 / 80
  • (ハ) 個人信用と不動産信用の混合形態としての船舶信用 / 81
  • (ニ) 抵当貸付の若干の原則 / 82
  • (a) 抵当価格と抵当限度 / 82
  • (b) 信用価値の審査 / 87
  • (c) 船舶信用の法的保証 / 89
  • (3) ハンザ社の社債 / 90
  • 第四章 民間金融との関連における国家の助成手段 / 92
  • 第五章 ドイツ商船隊に対する再建金融の国民経済的背景 / 96
  • 第六章 企業分析 / 102
  • 第一節 ハンザ汽船会社(ブレーメン) / 102
  • (1) 規模及び業績 / 102
  • (2) 損益計算書 / 104
  • (3) 貸借対照表 / 105
  • (4) 所有関係 / 109
  • (5) 附表 / 110
  • 第二節 北独ロイド(ブレーメン) / 113
  • (1) 規模及び業績 / 113
  • (2) その他の事業 / 114
  • (3) 業績概況 / 115
  • (4) 損益計算書 / 116
  • (5) 貸借対照表 / 118
  • (6) ブレーメン号の資金調達 / 121
  • (7) 附表 / 123
  • 第三節 漢米線(ハンブルク) / 127
  • (1) 規模及び業績 / 128
  • (2) 損益計算書 / 130
  • (3) 貸借対照表 / 132
  • (4) 所有関係 / 136
  • (5) 附表 / 138
  • 第四節 Unterweser‐Reederei社(ブレーメン) / 142
  • (1) 規模及び業績 / 142
  • (2) 業務概況 / 143
  • (3) 貸借対照表 / 144
  • (4) 損益計算書 / 145
  • (5) 附表 / 146
  • 第七章 附説 / 149
  • 第一節 ドイツ海運における連繫関係 / 149
  • 第二節 西ドイツの大船主グループ一覧 / 153
  • 第三節 最高限度額船舶抵当または無記名および指図証券に関する船舶抵当 / 156

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ドイツ海運の発展と海運政策 : 在ハンブルグ総領事館
著作者等 外務省経済局
書名ヨミ ドイツ カイウン ノ ハッテン ト カイウン セイサク : ザイ ハンブルグ ソウリョウジカン
書名別名 Doitsu kaiun no hatten to kaiun seisaku
シリーズ名 在外公館調査報告 ; 第32号
出版元 外務省経済局経済調査室
刊行年月 1960.5
ページ数 157p
大きさ 21cm
全国書誌番号
20655617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想