「対テロ戦争」から世界を読む

立山良司 監修・執筆

本書はテロの多様な側面を体系的、立体的に読み解くことを目的に、現代の特徴ともいえる「宗教テロ」や新しい潮流であるジハード主義、イラク戦争、さらにテロ問題と密接に関係しているアメリカと中東との関係や日本のテロ対策などを取り上げた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宗教テロと現代社会(現代とテロリズム
  • アルカイダの現在 ほか)
  • アメリカの対テロ戦争(ブッシュ政権の安全保障観
  • アメリカの情報機関 ほか)
  • 9.11後の中東・イスラム世界(アフガニスタン戦争とイラク戦争
  • イラク政治プロセスの行方 ほか)
  • 日本とテロ(日本とテロ
  • 日本の「対テロ戦争」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「対テロ戦争」から世界を読む
著作者等 立山 良司
大野 元裕
宮坂 直史
藤原 和彦
大内 佐紀
書名ヨミ タイ テロ センソウ カラ セカイ オ ヨム
書名別名 Tai tero senso kara sekai o yomu
出版元 自由国民社
刊行年月 2005.7
ページ数 79p
大きさ 21cm
ISBN 4426753015
NCID BA7256189X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20812009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想