ボーズ・アインシュタイン凝縮

ペシィック, スミス 共著 ; 町田一成 訳

ボーズとアインシュタインの理論的予言から約70年を経て、1995年にボーズ・アインシュタイン凝縮が実験的に実現した。それ以来、中性原子の気体を用いたこの分野の実験的、理論的研究は大きな広がりを見せている。本書はこうした動向を背景に、この分野の基礎知識をコンパクトにまとめたものである。統計力学を学んだ学部3年から大学院生、又この分野に関心のある専門家に役立つであろう。理論のみならず、実験の基礎原理が量子統計物理学の立場から解説されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 相互作用をしないボーズ気体
  • 原子の性質
  • 原子の捕捉と冷却
  • 原子間の相互作用
  • 凝縮状態の理論
  • 凝縮体の動力学
  • ボーズ気体の微視的理論
  • 回転する凝縮体
  • 超流動
  • 有限温度のトラップ気体
  • 混合系とスピナー凝縮
  • 干渉と相関
  • フェルミオン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボーズ・アインシュタイン凝縮
著作者等 Pethick, Christopher
Smith, Henrik
町田 一成
Pethick Christopher J.
スミス
ペシィック
書名ヨミ ボーズ アインシュタイン ギョウシュク
書名別名 Bose-Einstein condensation in dilute gases

Bozu ainshutain gyoshuku
シリーズ名 物理学叢書 100
出版元 吉岡書店
刊行年月 2005.6
ページ数 404p
大きさ 21cm
ISBN 484270327X
NCID BA72328556
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20810452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想