新釋奧の細道

尾山信一 著

[目次]

  • 目次
  • 解題
  • 一 月は百代の過客 / 1
  • 二 もゝ引の破れをつゞり / 3
  • 三 千住と云ふ所にて / 5
  • 四 ことし元祿二とせ / 6
  • 五 室の八嶋に詣づ / 7
  • 六 三十日日光の麓に泊る / 9
  • 七 卯月朔日御山に詣拜す / 10
  • 八 黑髪山は霞かゝりて / 12
  • 九 那須の黑羽と云ふ所に / 13
  • 一〇 黑羽の館代 / 15
  • 一一 修驗光明寺と云ふ有り / 17
  • 一二 是より殺生石に行く / 20
  • 一三 心もとなき日かず重なるまゝに / 21
  • 一四 とかくして越えゆくまゝに / 23
  • 一五 この宿の傍に / 25
  • 一六 等窮が宅を出でて / 27
  • 一七 月の輪の渡を越えて / 29
  • 一八 の夜飯塚にとまる / 31
  • 一九 鐙摺白石の城を過ぎ / 33
  • 二〇 武隈の松にこそ / 34
  • 二一 名取川を渡りて / 36
  • 二二 かの畫圖にまかせて / 38
  • 二三 それより野田の玉川 / 41
  • 二四 早朝鹽竈の明神に詣づ / 43
  • 二五 抑々ことふりにたれど / 45
  • 二六 雄嶋が磯は地つゞきで / 47
  • 二七 十一日瑞巖寺に詣づ / 49
  • 二八 十二日平泉と心ざし / 50
  • 二九 三代の榮耀一睡の中にして / 52
  • 三〇 兼て耳驚かしたる / 55
  • 三一 南部道遙かに見やりて / 56
  • 三二 あるじの云ふ / 58
  • 三三 尾花澤にて / 59
  • 三四 山形領に立石寺といふ / 61
  • 三五 最上川のらんと / 62
  • 三六 六月三日羽黑山に登る / 65
  • 三七 八日月山にのぼる / 68
  • 三八 羽黑を立ちて / 72
  • 三九 江山水陸の風光 / 73
  • 四〇 その朝天よく霽れて / 75
  • 四一 酒田の餘波 / 78
  • 四二 今日は親しらず子しらず / 80
  • 四三 黑部四十八か瀨とかや / 82
  • 四四 卯の花山 / 84
  • 四五 この所太田の神社に詣づ / 86
  • 四六 山中の溫泉に行くほど / 88
  • 四七 曾良は腹を病みて / 90
  • 四八 越前の境吉崎の入江を / 93
  • 四九 福井は三里ばかりなれば / 96
  • 五〇 漸く白根が嶽かくれて / 98
  • 五一 十六日空霽れたれば / 101
  • 五二 露通もこの湊まで / 102

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新釋奧の細道
著作者等 尾山 信一
書名ヨミ シンシャク オク ノ ホソミチ
出版元 ふもと社
刊行年月 1947.10
ページ数 103p
大きさ 18cm
全国書誌番号
21191718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想