勞働法の話

須郷登世治 著

[目次]

  • 目次
  • 勞働法を知ると言うこと / 1
  • 第一編 勞働組合法の話 / 3
  • 一、 どんな目的で出來たか / 3
  • 二、 勞働組合とはどのようなものを言うか / 4
  • 三、 どんな人が組合員どなれるか / 5
  • 四、 勞働組合を作るとどんな利益があるか / 6
  • 五、 どうにして組合を作るか / 8
  • 六、 勞働協約とは何か / 10
  • 七、 經營協議會とは何か / 12
  • 八、 勞働委員會とは何か / 12
  • 第二編 勞働關係調整法の話 / 15
  • 一、 どんな目的で出來たか / 15
  • 二、 勞働爭議とは何か / 16
  • 三、 如何にして爭議を調整するか / 17
  • 四、 どんな爭議が禁止されるか / 19
  • 第三編 勞働基準法の話 / 21
  • 一、 どんな目的で出來たか / 21
  • 二、 どんな人に適用されるか / 25
  • 三、 勞働契約にはどんな制限があるか / 27
  • 四、 賃金はどう保護されているか / 30
  • 五、 勞働時間はどの位か / 33
  • 六、 作業の安全と衞生はどう保障されているか / 39
  • 七、 女子と年少者はどう保護されているか / 42
  • 八、 どうにして技能者を養成するか / 48
  • 九、 どのように災害は補償されるか / 49
  • 十、 就業規則はどう作るか / 52
  • 十一、 寄宿舍はどうなるか / 54
  • 十二、 その他どんな基準があるか / 55
  • 十三、 政府はどう監督するか / 57
  • 附、 會議にはどんなきまりがあるか / 61

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 勞働法の話
著作者等 須郷 登世治
書名ヨミ ロウドウホウ ノ ハナシ
書名別名 Rodoho no hanashi
シリーズ名 三山文庫 ; 3
出版元 三山文庫
刊行年月 1948.8
ページ数 64p
大きさ 19cm
全国書誌番号
20856796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想