中国艶本大全

土屋英明 著

人間の生の姿を赤裸々に描く艶本(好色小説)は、貴重な文化遺産であり、それぞれの民族の素顔を知るための好材料でもある。いまに残る中国の古典艶本はざっと百五十種。明代から清代にかけてが全盛期だが、古くは、遣唐使がもち帰った『遊仙窟』が日本文学に影響を与えるなど、わが国との縁も深い。本書では、漢代以降の艶本の歴史を概観し、代表的作品六点(『遊仙窟』『如意君伝』『痴婆子伝』『金瓶梅』『僧尼〓(げつ)海』『春夢瑣言』)を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 前漢から元の時代
  • 第2章 明から清の時代
  • 第3章 艶本傑作選その一 遊仙窟
  • 第4章 艶本傑作選その二 如意君伝
  • 第5章 艶本傑作選その三 痴婆子伝
  • 第6章 艶本傑作選その四 金瓶梅
  • 第7章 艶本傑作選その五 僧尼〓(げつ)海
  • 第8章 艶本傑作選その六 春夢瑣言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国艶本大全
著作者等 土屋 英明
書名ヨミ チュウゴク エンポン タイゼン
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2005.6
ページ数 264p
大きさ 18cm
ISBN 416660449X
NCID BA72404494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20796747
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想