ヒッチコック『裏窓』ミステリの映画学

加藤幹郎 著

事件は無事解決、映画は大団円へ。いや、男はほんとうに妻を殺害したのでしょうか?一本の作品を克明に「見る」こと、徹底的に分析することで浮かび上がる二重のミステリ。「ヒッチコックの映画的冒険、その胆力、その果敢さにわたしたちは心底おどろかねばならない」-シネマ・スタディーズ最前線の真髄をお見せします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『裏窓』あらすじ
  • 第1回 二重のミステリ(言い漏らされていること
  • 代表作
  • 裏窓とスクリーン ほか)
  • 第2回 外見と内実の乖離(「婦人消失」の謎
  • 視線を発見する視線
  • 新妻と亡霊 ほか)
  • 第3回 映画史のなかのヒッチコック(奇妙な愛の寓話
  • 「ひとを愛すること」と「ひとを見ること」の関係
  • 「わたしはあなたを愛しています」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒッチコック『裏窓』ミステリの映画学
著作者等 加藤 幹郎
書名ヨミ ヒッチコック ウラマド ミステリ ノ エイガガク
書名別名 Hicchikokku uramado misuteri no eigagaku
シリーズ名 理想の教室
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.6
ページ数 153p
大きさ 19cm
ISBN 4622083035
NCID BA72176061
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20793332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想