つれづれ草

岩井良雄 著

[目次]

  • 目次
  • つれづれ草とその作者 / 1
  • つれづれ草評釈 / 9
  • 一 つれづれなるままに / 9
  • 二 いにしへのひじりの御代 / 11
  • 三 あだし野の露 / 13
  • 四 家居のつきづきしく / 17
  • 五 神無月のころ / 21
  • 六 和歌こそ / 23
  • 七 いづくにもあれ / 28
  • 八 人はおのれをつづまやかにし / 29
  • 九 をりふしのうつりかはるこそ / 31
  • 一〇 よろづの事は / 39
  • 一一 あすか川のふち瀨 / 41
  • 一二 しづかに思へば / 44
  • 一三 人のなきあとばかり / 46
  • 一四 雪のおもしろう降りたりしあした / 50
  • 一五 九月二十日のころ / 52
  • 一六 朝夕へだてなくなれたる人の / 54
  • 一七 五月五日賀茂のくらべ馬を / 56
  • 一八 春のくれつかた / 59
  • 一九 あやしの竹の編戶の / 60
  • 二〇 公世の二位の兄に / 63
  • 二一 ある人淸水へまゐりけるに / 64
  • 二二 老來たりて / 66
  • 二三 應長のころ伊勢の國より / 69
  • 二四 仁和寺にある法師 / 72
  • 二五 これも仁和寺の法師 / 74
  • 二六 久しくへだたりて / 77
  • 二七 人の語りいでたる歌物語の / 80
  • 二八 名を聞くより / 81
  • 二九 世に語りつたふる事 / 82
  • 三〇 つれづれわぶる人は / 87
  • 三一 世のおぼえはなやかなる / 89
  • 三二 世の中にそのころ人の / 90
  • 三三 今やうの事どもの / 91
  • 三四 何事も入りたたぬさましたるぞ / 93
  • 三五 屛風障子などの / 94
  • 三六 人の心すなほならねば / 96
  • 三七 しもべに酒飮まする事は / 98
  • 三八 奧山にねこまたといふもの / 102
  • 三九 ある人弓射る事を / 105
  • 四〇 高名の木のぼり / 107
  • 四一 寺院の号 / 109
  • 四二 やしなひ飼ふものには / 111
  • 四三 物にあらそはず / 113
  • 四四 高倉院の法華堂の / 116
  • 四五 花はさかりに / 120
  • 四六 家にありたき木は / 124
  • 四七 身死して財残ることは / 127
  • 四八 悲田院の堯蓮上人は / 129
  • 四九 心なしと見ゆる者も / 132
  • 五〇 能をつかむとする人 / 135
  • 五一 ある人のいはく / 137
  • 五二 世にしたがはむ人 / 139
  • 五三 筆をとれば / 142
  • 五四 一道にたづさはる人 / 145
  • 五五 年老いたる人の / 147
  • 五六 さしたる事なくて / 150
  • 五七 わかき時は / 152
  • 五八 鎌倉の中書王にて / 155
  • 五九 相模の守時賴の母は / 157
  • 六〇 よろづの道の人 / 159
  • 六一 ある人子を法師になして / 160
  • 六二 けふはその事をなさむと / 167
  • 六三 夜に入りて / 169
  • 六四 くらき人の人をはかりて / 171
  • 六五 達人の人を見る眼は / 172
  • 六六 平の宣時朝臣 / 175
  • 六七 よろづのとがあらじと / 177
  • 六八 人の物を問ひたるに / 179
  • 六九 ぬしある家には / 181
  • 七〇 丹波に出雲といふところ / 182
  • 語句索引 / 187

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 つれづれ草
著作者等 吉田 兼好
岩井 良雄
書名ヨミ ツレズレグサ
書名別名 Tsurezuregusa
シリーズ名 研究社学生文庫 ; B 第2
出版元 研究社
刊行年月 1952
ページ数 201p
大きさ 18×12cm
NCID BA32796435
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52002733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想