日本秀歌  11

[目次]

  • 目次
  • 万葉集長歌の概説 / 1
  • 巻一 天皇の御製の歌(雄略天皇) / 18
  • 中大兄、三の山の歌(天智天皇) / 24
  • 藤原宮の御井の歌(作者不明) / 31
  • 巻二 柿本朝臣人麻呂、石見の国より妻に別れて上り来りし時の歌二首(柿本人麻呂) / 42
  • 日並皇子尊の殯宮の時、柿本朝臣人麻呂の作れる歌(柿本人麻呂) / 64
  • 巻二 讃岐の狭岑の島に石の中に死れる人を見て、柿本朝臣人麻呂の作れる歌(柿本人麻呂) / 78
  • 巻三 山部宿禰赤人、不尽山を望める歌(山部赤人) / 89
  • 不尽山を詠める歌(作者不明) / 94
  • 覉旅の歌(作者不明) / 102
  • 巻五 子等を思ふ歌(山上憶良) / 109
  • 貧窮問答の歌(山上憶良) / 114
  • 好去好来の歌(山上憶良) / 125
  • 巻九 上総の末の珠名の娘子を詠める一首(高橋虫麻呂) / 135
  • 水江の浦島の子を詠める一首(高橋虫麻呂) / 141
  • 河内の大橋を独去く娘子を見る歌(高橋虫麻呂) / 151
  • 筑波嶺に登りて嬥歌会せし日に作れる歌(高橋虫麻呂) / 156
  • 勝鹿の真間の娘子を詠める歌(高橋虫麻呂) / 161
  • 菟原処女の墓を見る歌(高橋虫麻呂) / 168
  • 巻十三 雑の歌(作者不明) / 181
  • 雑の歌(作者不明) / 186
  • 相聞(作者不明) / 192
  • 巻十三 相聞(柿本人麻呂) / 195
  • 相聞(作者不明) / 199
  • 相聞(作者不明) / 205
  • 相聞(作者不明) / 210
  • 相聞(作者不明) / 215
  • 柿本朝臣人麻呂の集の歌(作者不明) / 219
  • 挽歌(作者不明) / 225
  • 巻十六 乞食者の詠二首(作者不明) / 229

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本秀歌
書名ヨミ ニホン シュウカ
書名別名 Nihon shuka
巻冊次 11
出版元 春秋社
刊行年月 昭和33
ページ数 13冊
大きさ 19cm
全国書誌番号
68001391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想