路傍の石

山本有三 著

極貧の家に生れた愛川吾一は、貧しさゆえに幼くして奉公に出される。やがて母親の死を期に、ただ一人上京した彼は、苦労の末、見習いを経て文選工となってゆく。厳しい境遇におかれながらも純真さを失わず、経済的にも精神的にも自立した人間になろうと努力する吾一少年のひたむきな姿。本書には、主人公吾一の青年期を躍動的に描いた六章を"路傍の石・付録"として併せ収める。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 路傍の石
著作者等 山本 有三
書名ヨミ ロボウ ノ イシ
書名別名 Robo no ishi
出版元 新潮社
刊行年月 1952
版表示 改版
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 4101060096
NCID BA30360031
BA62607611
BA90806853
BN02571416
BN05064866
BN09113384
BN15691953
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52005483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「路傍の石」付録 山本 有三
ペンを折る 山本 有三
路傍の石 山本 有三
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想