祖国への遺書 : 戦犯死刑囚の手記

塩尻公明 編

[目次]

  • 目次
  • まえがき・塩尻公明
  • フィリピン
  • 獄中記・本間雅晴 / 3
  • 刑場の控室で・金田貞雄 / 23
  • われ泣けば・斎藤助 / 25
  • 十四戦友に代って・佐藤操 / 26
  • 工藤忠四郎氏の最期・マニラ・フリープレス / 31
  • 生命をもてば悲し・市村勲 / 36
  • わが墓標を比人に打たしめよ・尾家劉 / 37
  • オ祖母サンヘ・萩野宗光 / 47
  • 燃える学への情熱・椿孝雄 / 49
  • 「つめあと」を残す者の叫び・原田新平 / 81
  • 「おとずれ」他・中島昌平 / 89
  • 囚人日記・中俣富三郎 / 91
  • 故郷を想う・鏡政二 / 96
  • 慶応時代の人々・相野田啓 / 99
  • 二つの手紙・宮内敬保 / 106
  • 絞首刑の宣告を受けて・小野哲 / 117
  • 悲しき宿命・中村康二 / 127
  • 中国
  • 回向より再婚を・藤井力 / 140
  • 宣告を受けてから・鏑木正隆 / 141
  • 永遠の休息へ・伊庭治保 / 142
  • 母の幻・高谷巖水 / 143
  • 死を思う・木下尊裕 / 144
  • 獄中の生活・市川正広 / 146
  • なつかしの国・安藤茂樹 / 152
  • 蜘蛛の糸・吉川悟保 / 152
  • 月かげに心みだる・沢栄作 / 153
  • 大君を思う・近藤新八 / 154
  • 難友に残す・山田恒義 / 155
  • 「華南の星」を忘れないで・増木欣一 / 157
  • 死生一如・日高保清 / 159
  • 獄舎の友情・鈴木明 / 161
  • 徳をもって応えん・兼吉績 / 162
  • 大川の底にうもれて・徳本光信 / 163
  • 辞世二首・前田三郎 / 164
  • 歩いて来た道・堀本武男 / 165
  • 高橋雷二さんのこと・深沢睦雄 / 169
  • シンガポール
  • 戦死に劣らざる最期を・永友吉忠 / 185
  • 父の思想は子等の上に・河村参郎 / 188
  • 広島、長崎の人々を思えば・大塚操 / 198
  • 爼上の鯉の気持・小林庄造 / 202
  • 熱帯の雑草の下に・信沢寿 / 203
  • 最愛のたか子へ・星愛喜 / 205
  • 樹、静まらんと欲すれど・小久保孫太郎 / 207
  • すべては神意のまゝ・趙文相 / 209
  • 子供思えば不覚の涙・馬杉一雄 / 220
  • 生物すべてを羨む気持・阿部宏 / 222
  • 春風に吹かるる如く・内田実 / 228
  • 昇天行・原田熊吉 / 229
  • 巣鴨
  • 部下の遺族にすまぬ・井上乙彥 / 254
  • 父母の慈愛・福原勲 / 256
  • バタビヤその他
  • 友に抱かれて泣く・斎藤甚吉 / 259
  • 水に写して顔を見納め・佐藤源治 / 261
  • お母さん、賞めて下さい・清水勇蔵 / 263
  • 今宵限りの盂蘭盆・福井幸家 / 268
  • バタビヤ戦犯裁判について・山西通夫 / 273
  • 部下を救うため・森国造 / 279
  • 突撃の心理と死刑の心理・山根隆 / 283
  • 妻子よ、強く生きよ・山口健章 / 285
  • 日濠親善の楔に・白水洋 / 287
  • 一瞬を生抜く・中山洋臣 / 288
  • 事件責任者としてお詫び・三善孝ほか / 290
  • 妻子思えば狂いそう・横山春芳 / 293
  • 日本民族の欠点・前田利貴 / 296
  • 世界永遠の平和のために・原徹郎 / 301
  • 祖国の復興を祈る・早川揮一 / 304
  • 下級者の戦犯問題・上野正治 / 307
  • 死を前にして・松岡憲郎 / 310
  • 戦争裁判と処刑者の遺書・市来崎秀夫 / 314
  • 極東地図
  • 戦犯刑死(獄死)者一覧表
  • 比国死刑囚(生存)表

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 祖国への遺書 : 戦犯死刑囚の手記
著作者等 塩尻 公明
書名ヨミ ソコク エノ イショ : センパン シケイシュウ ノ シュキ
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1952
ページ数 342p 図版 地図
大きさ 19cm
NCID BA45497415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52009412
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想