環境社会学への招待 : グローバルな展開

満田久義 著

地球温暖化、海洋汚染、貧困と環境破壊の連鎖-危機を深める地球環境に対して社会学はどう考えるのか、そして持続可能な社会とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環境社会学の源流と展開(環境社会学の成立
  • 現代環境社会学の展開と課題
  • 途上国における環境主義と環境社会学-インド環境社会学の成立と課題)
  • 第2部 環境社会学のフロンティア(持続可能な社会論-豊かさのパラドクスを超えて
  • ネオ・ルーラリズム論再考-「いそがず、働きすぎず、消費を削る」田舎暮らし
  • エコツーリズム論-持続可能な発展戦略として)
  • 第3部 21世紀の環境未来へ向けて(環境未来のグローバルな潮流-エコロジー的近代化)
  • あとがきにかえて インド洋大津波に関するアピール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境社会学への招待 : グローバルな展開
著作者等 満田 久義
書名ヨミ カンキョウ シャカイガク エノ ショウタイ : グローバル ナ テンカイ
書名別名 Kankyo shakaigaku eno shotai
出版元 朝日新聞社書籍編集部
刊行年月 2005.5
ページ数 209p
大きさ 21cm
ISBN 4021000984
NCID BA71931825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20781322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想