枕草子

塩田良平 著

[目次]

  • 目次
  • 枕草子を鑑賞する人のために / 1
  • 枕草子 解釋と鑑賞 / 7
  • 第一部 自然鑑賞 / 9
  • 一、 春は曙 / 9
  • 二、 正月一日、三月三日は / 12
  • 三、 正月一日は / 14
  • 四、 正月に寺に / 22
  • 五、 七月ばかり / 30
  • 六、 五月ばかりなどに / 33
  • 七、 賀茂へまゐる道に / 34
  • 八、 八月晦日 / 36
  • 九、 九月ばかり / 37
  • 一〇、 野分の又の日 / 38
  • 一一、 雪のいと高うはあらで / 40
  • 一二、 十二月廿四日 / 42
  • 一三、 七日の日の / 44
  • 一四、 木の花は / 46
  • 一五、 蟲は / 49
  • 第二部 美的心𧰼 / 52
  • 一、 あてなるもの / 52
  • 二、 うつくしきもの / 53
  • 三、 心ときめきするもの / 56
  • 四、 こゝろゆくもの / 61
  • 五、 うれしきもの / 63
  • 六、 うらやましげなるもの / 67
  • 七、 したりがほなるもの / 71
  • 八、 はづかしきもの / 74
  • 九、 すさまじきもの / 76
  • 一〇、 にげなきもの / 83
  • 一一、 うちとくまじきもの / 86
  • 一二、 にくきもの / 89
  • 第三部 折にふれて / 97
  • 一、 女のひとり住ひ / 97
  • 二、 宮仕へ人の許に / 99
  • 三、 いみじうしたてゝ / 100
  • 四、 村上の前帝の / 102
  • 五、 すき[ズキ]しくて / 104
  • 六、 よろづのことよりも / 106
  • 七、 細殿に便なき人 / 108
  • 八、 御かた[ガタ]君達うへ人など / 110
  • 九、 方弘は / 113
  • 一〇、 雪のいと高う降りたるを / 116
  • 第四部 自傳的作品 / 118
  • 一、 小白河といふ所は / 118
  • 二、 宮に始めて參りたる頃 / 126
  • 三、 關白殿二月二十日に / 135
  • 四、 關白殿黒戶より / 156
  • 五、 頭の中將のすゞろなる / 159
  • 六、 故殿の御服の頃 / 169
  • 七、 故殿の御ために / 172
  • 八、 かへる年の二月 / 175
  • 九、 故殿などおはしまさで / 181
  • 一〇、 里にまかでたるに / 185
  • 一一、 職の御曹司の西面 / 192
  • 一二、 五月のみさうじのほど / 199
  • 一三、 職の御曹司におはします頃 / 212
  • 一四、 大進生昌が家 / 229
  • 一五、 うへにさぶらふ御猫は / 238
  • おくがき / 245
  • 枕草子を硏究する人のために / 247
  • 一、 枕草子硏究と諸本 / 249
  • 二、 淸少納言傳 / 253
  • 三、 淸少納言の他の著書 / 268
  • 四、 枕草子硏究文獻 / 271
  • 附圖 / 273
  • 索引 / 284

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 枕草子
著作者等 塩田 良平
清少納言
清少納言 平安時代
書名ヨミ マクラノソウシ
シリーズ名 日本古典鑑賞読本
出版元 創元社
刊行年月 1953
ページ数 286p 図版
大きさ 19cm
NCID BN10029900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53002748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想